2011年04月23日

お薬手帳

ある診療所に、こんなお知らせがありました。
「災害時、診療所において停電により診察ができないことがあるかもしれません。
飲んでいる薬がご自分でわかるように”お薬手帳”作ることをお勧めしています。」

薬局などで、ご自分が使用している薬を尋ねられることもあります。
その時プライバシーへの配慮があるとは限りません。
がんの治療の為、薬を服用していると口頭で伝えづらいときもあります。
そんなとき”お薬手帳”を提示すれば、「この薬を服用しています。」と簡単に伝えられることもあるかもしれません。
他の疾患で処方されているお薬との飲み合わせを、薬剤師さんなどが考慮してくれるかもしれません。
お薬手帳を活用してみませんか。
posted by びわの会 ブログ管理人 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック